何が原因?何が悪いの?空き家問題について徹底解説!


何が原因?何が悪いの?

空き家問題について徹底解説!

空き家問題の原因

空き家問題が目立ち始めた原因はいくつか挙げられますが、一番大きな原因と言われているのは需要と供給のバランスが激しく崩れたということです。一般的に、買い手が増えていれば空き家が発生する可能性は少なくなります。今現在では、新しい世帯を持つ人や新しく生活を始めようという人が少なくなっているため、新しい住宅への需要が減り続けているのです。しかし、建築業界は住宅を建てなければ利益を上げることが出来ません。それが空き家を生み出す原因となるのです。

さらに挙げられる原因としては、税金対策です。現在の日本の法律では、取り壊すよりもそのまま残しておく方が税金が安くなるという特徴があります。また、家を取り壊すときには業者に頼むことになるのでその分の費用もかかることになります。また、法律の関係で再建築が認められない場合もあります。そのため、必要無くなった住宅もそのまま放置されることになるのです。

現代日本の空き家問題の原因をまとめると、需要と供給のバランスが崩れていることが挙げられます。また、法律の問題が関係して、使わなくなった住宅も取り壊すことのないままに、そのまま放置しているということも原因となっています。