何が原因?何が悪いの?空き家問題について徹底解説!


何が原因?何が悪いの?

空き家問題について徹底解説!

空き家問題について

空き家とは、住み主が居ない住宅のことです。現在の日本では空き家が増え続けていると言われています。空き家が増えていることによって、さまざまなことに影響が出ていると言われています。一体、どうして空き家が増えているのでしょうか。その原因についても調べていきます。

まず空き家の原因として挙げられるのは、需要と供給のバランスが崩れたことが影響しています。現在の日本は少子高齢化が進んでいるため、新しい家庭を築いたり新しい生活を始めるという人が少なくなっています。また、法律上の関係で使わなくなった住宅を取り壊すことなく、そのまま放置しているというケースが多いことも影響しています。

では、空き家が増えることによって起こる影響についてですが、まず治安が悪くなるということが挙げられます。空き家は人が寄り付かないので不法占拠が行われやすいです。また、野良犬や野良猫、さらに害虫などが住み着いてしまう可能性が高まります。それらは衛生面を悪くする原因となります。

他にも、空き家があるというだけで町全体の印象が悪化します。そのため、周辺の住宅の価値も下がってしまうため、買い手が付かなかったり、適正な価格よりも低い価格での売却になることもあるようです。

空き家問題について頭を悩ませている人に向けて、この記事を書かせていただきました。空き家問題を共に考える機会を作ることが出来て嬉しく思います。ぜひ最後までお付き合いください。


【空き家問題のための管理人おすすめサイト】
空き家を持っていて悩んでいる方は、思い切って売却するのも方法の一つです。不動産売却の査定サイトを使えば、初めての方でも簡単に売却が行えます ≫ 不動産売却